全国1400名から選ばれし20名に新土居拓哉!! 

m-proではファイナリストが続出している。

ミスユニバースでは鈴木千代、吉永来未が…

ミスタージャパン2017 ファイナリスト!! 新土居拓哉!! 

拓哉がm-proの門を叩いたのは2016年の9月

随分体が出来上がってる男子やねんって訊ねてみると…

野球小僧を10年間…

野球でこんなんになるんやねん!?

どことなく風格はありインパクトも踏まえていた感じだった…


そもそもど素人だった拓哉がモデルに興味を持ったのは、自分磨き、自分のブランディングを模索中のスカウトだった…

仕事の傍ら、ウォーキングやポージングを学んだ。

少しづつだが、何かを掴んだ手応えを感じ

ランウェイにも挑戦した…

そんなある日マネージャーから「ミスタージャパン2017」のオーディションあるけど受けてみたら…

そんなのがあることさえ知らない拓哉は何となく応募…締め切りまじかで少しバタバタ感はあったものの

とんとん拍子でファイナリストへ

全国1400名から20人の枠にエントリーされた!!

年明けには堀江コレクションのフリーペーパーの撮影が入り充実はしていたが、

一方体造りも始まった…

筋肉の着き方やタンパク質、脂質、糖質のバランスなど計算しての食事制限、筋トレが始まる…

それでなくても体脂肪をかなり絞ってる拓哉なので、そこから一か月で6キロ絞るのは至難の業。

時が流れて…過酷な基本的なダイエットは終了したが…

本番での調整も大切だ…

準備万端、ファイナルビューティーキャンプへ足を運んだ…

スピーチ、ダンス、パフォーマンスを実践的に学んだ…

ファイナリストの中で唯一食事制限をしていたのは拓哉とトップに選ばれた松浦奏山さんだった…

美味しそうに出されたお弁当を食べてるファイナリストを横目にバナナを食べる拓哉…

鳥のささ身を蒸して食べ毎日水を6リッターがノルマ…

そんな日々を一週間

OLでさえ怒り出しそうな食事制限… 糖分0脂質0そして水分…

健闘をたたえ合う松浦さんと

惜しくもトップにはなれなかった拓哉に聞いてみた…

「グランプリにはなれなくて悔しいけれど、これだけやれた、自分を追い込んだ…
充実感はあります。
自分を信じて努力を惜しまないと、見ててくれる人は絶対にいます。
自分より努力している人がいるんだ、僕も頑張るって気になりました。」

初代ミスタージャパン 鈴木貴之さんと


関西風のど派手な服装で会場入りすると…「どこで売ってるんですか?この服」とリスペクトされた
青森代表小笠原羽恭さんと


宿泊先が同じで一緒にダンスのレッスンをした静岡代表松尾衝作さんと


ビューティーキャンプでスピーチのレッスン

ミスタージャパンのコンセプトは

「Mr.JAPANとは、国際的な美の祭典であるミス・ユニバース・ジャパンの男性版です。
外見だけではなく、「知性・感性・人間性・内面・自信」を兼ね備え、
表現力に富む男性を発掘するコンテストです。」

モデルやタレントを目指す貴方!!

次は貴方番かもしれない…

堀江コレクションはそんな貴方をサポートするお仕事をしています。